image

めっちゃ間が空いてしまいましたが、当日の様子をレポートします。


当日の様子

当日のプログラムは以下の通り。

15:30-15:50 岡村製作所オフィスツアー(自由参加)

16:00-17:00 「UXとサービスデザイン」(浅野 智 氏)
17:00-17:40 「さがす・つくる・食べる – 毎日の料理のためのデザイン-」(倉光 美和 氏)
17:40-17:50 休憩
17:50-18:00 ラーニングバー説明
18:00-19:00 ラーニングバー
19:00-20:00 ディスカッション結果発表

20:30-22:30 懇親会(希望者のみ)

まず、素敵な会場をご提供くださった岡村製作所さまのオフィスツアー。30名ほど参加の大人気のツアーでした。

そして、前半は浅野先生とクックパット倉光さんのお話し。

image
image

その中でも印象的だったのは、先生からは「UXデザイナーという肩書は幸せデザイナーというくらいちょっと恥ずかしい」や、倉光さんからは「クックパットでは、UXという言葉に頼らない、もっと具体的に話すようにしている」という言葉。UXはその概念をひろげるためにあり、実施フェーズでは常識化すれば使われないワードかもしれません。自社を振り返ると「UXを良くしよう」と耳にすることがありますが、誰の何を解決するのかが言語化できていないことが多々あります。改めて気が引き締まる思いでした。

休憩を挟んで、後半はラーニングバー。ラーニングバーとは、ビールやコーヒーと軽食を片手に参加者同士が議論する場です。

image

まず、参加者一人一人が講演を聞いてもっと深く議論したいこと、課題に思っていることを付箋に書き出します。そして、それをスタッフが分類。

そして、分類したテーマのオーナーを決めて、他の参加者は議論したいテーマのグループに参加して、議論。

image
image

そして、各チーム発表という流れでした。

image
image

スタッフは議論には参加してませんが、発表と講演者コメントが非常に面白かったです。参加者の課題や関心ごとも知ることができ、短い時間でしたが、気づきの多い時間だったと思います。


参加者の声

今回の募集人数は50名でしたが、欠席者なしの全員ご参加くださいました。そのうち39名がアンケートに回答され、約90%が「満足」をいただきました。そんな参加者の声をいくつかご紹介します。

  • UXデザインを実務に取り入れるイメージがわきました
  • 発表スタイルは理解が深まっていいです。自分がどれだけ理解できてないかがはっきりしました。
  • 細かい手法に目が行きがちだが、全体像が(UXの)理解できてよかった。
  • 講演だけでも充実してましたが、ラーニングバーで色々質問できたのが良かった。普通の質疑応答より身に入った。
  • クックパットのすごくリアルな話がためになった。
  • 外部との方がと議論したことで新しい疑問もでたが、反面今までのもやもやもスッキリした。
  • 自分たちで考える機会があったので、整理することができてよかったです。

参加者のブログ


運営者の反省点

今回、議論の時間は参加者にお任せしてしまいましたが、タイムキープをスべきだったと反省しています。あと、ラーニングバーの軽食はちょっと多かったようです。議論がはじまると食べる時間がないので、お1人一切れくらいがちょうどいいようです。

ラーニングバー形式は気付きが多いと大変好評でしたので、またやってみたいと思います。今後も乞うご期待ください!