全10回のセミナーが2/11に最終回をむかえました。

最終回は、これまで企画・設計してきたサービスを、外に出て検証する「サービスサファリ」。
Webサービスであっても、特にスマートフォンでの利用は環境や状況によって使い勝手が全然違う。
例えば、街中/部屋の中/電車の中といった環境、料理しながらとか/テレビを見ながら/ご飯を食べながら/友達とおしゃべりしながらといった状況によって、使い方が変わります。
その検証は卓上ではできないので、その環境・状況になって検証してみる。
調査のときもそうですが、検証のときも、会社の外に出ることが大事っすね。

ということで、今回はWebサービスを作った人はprottにスケッチを入れてチームに分かれてサービスサファリへ。

image

前の2人がユーザー役、その後ろが記録係です。

サービスサファリから戻ってきた後は、抽出されたエラーや気付きを受けて、UXやUIを改修。

image

そして、発表。

image

発表は、テーマとなっている企業のビジネスイシューから調査で得たインサイト、そしてアイデアまでの総合発表。

最後ということで、いつもに増して厳しいツッコミを受ける参加者さんたち。
でも、この発表は、調査に問題があるのか、アイデアに問題あるのか、ハッキリ見えてきます。サービスリリースしてからは手戻りは難しいけど、リリース前に問題に気づけるので、そこに戻ってやり直せばいい。

今回は駆け足で手法を体験するセミナーでしたが、テーマを提供いただいた企業さまへお伝えできるアイデアの種はチョコチョコ得ることができました。


修了!

最後ということで、通年出席されていた参加者には履修証明書をお渡ししました。

image

そして、UX KANSAIのスタッフ・OBバッチとステッカーもできました。ステッカーは気が向いたら配布してます。

image

そして、打ち上げ。

image

参加者の皆様お疲れさまでした!

image

スタッフの皆様もお疲れさまでした!


参加者の声

今回は最後ということで、推薦度評価をしてみました。参加を悩んでいる方はご参考ください。

推薦する人のコメント

  • 本気で考えている人に対しては10です。なんとなくな感じの人は4〜6でしょうか。
  • このようなUXの考え方が社内に浸透すると質の良いサービスを考えやすくなると思うので。
  • この1年で自分の考え出すスタート地点が変わったと強く感じるから。
  • 社員連れてきます!
  • 目の前のこと、自分のことなど主観のみで動く人が多いので、視野を広げてほしいので

中立者のコメント

  • 一連で回せたことは良かった。まだスッキリしていない。小さなサイクルをたくさん回すような形体でも良かったのだろうかと思う。
  • 次回も参加したい。
  • 自分のやり方が適用しないことなどを知るにも良いWSだと思いました
  • 共通言語としてUXを話したいため

推薦しない人のコメント

  • グループによって出来上がり(完成度)のレベルがばらつくので。
  • 意欲のある人しか続かないし得るものもないので
  • UXを学び企画があることに伝えたちと思いますが、10回が長く感じたのと上手くいかない時の乗り越え方をふくめて学びを感じられることが、学習だと気づける人に勧めたいです。

推薦・非推薦者かかわらず、意欲のある人向けというのが受け取れます。

また、長く感じる、チームビルディングが難しい、上手くいかないときに乗り越えが難しいなどは今後の課題として受け止めています。

来期も実施したいと思っていますので、改善を試みたいと思います。
では皆様、来期もお楽しみに!


ブログを書くまでがワークショップ!

参加者やスタッフ、講師のブログをご紹介します。